経営者メッセージ

20代後半で初めてアメリカ合衆国に渡り、3年間滞在したことがあります。広大な国土、陽気な人々、それに当時最盛期を迎えていた巨大ショッピングモールの偉容にただただ圧倒されたことを覚えています。行く土地土地で、住民が東洋人の私たち家族と出会うと、口々に ”Enjoy!” と声をかけてくれたのも、とても新鮮で不思議な感覚でした。

あれから四半世紀が過ぎ、日々の暮らしは飛躍的に便利になりました。しかし、なぜか今よりも不便で満ち足りてはいなかった時代を懐かしく感じるのもまた事実です。経済合理性や拡大再生産をひたすら追求してきた資本主義社会が、大きな曲がり角を迎えていることにも深い関係があるのではないでしょうか。

創業の昭和50年、今から半世紀近くも前、「ジョイフル本田」を社名と決めた創業者、本田昌也の奇抜で独創的なアイデアと行動力。これが我々の原点です。誠実で勤勉な仕事ぶりこそ唯一無二としていたはずの世の中で、楽しむこと、共に喜び夢を創っていくことを会社の名前に託しました。
こじんまり小さくまとまってしまうのではなく、はみだしながらも全力で規格外のことを成し遂げる集団、こんな組織をもう一度原点に戻って創っていきます。

そして、これまで出店させていただいた地域の皆様に愛着を持っていただけるくらい「根ざす」ことが、私たちの願いです。人と人とがふれあい、慈しみ、気持ちが安らげる場所。行くとなぜか少しだけ元気が出てくるようなお店。新しいことに日々チャレンジしていきつつ、決してスタート地点の想いは忘れません。ジョイフル本田に、ようこそ!!

【2019年度上期を振り返り】

当社グループは、更なる企業の成長と発展を目指すべく、今期(第44期)を構造改革「仕上げの年」として、昨年度より取り組んでいる4つの分野での構造改革を推進しております。当第2四半期連結累計期間の主な取組内容および成果といたしましては、以下のとおりです。

  1. 「事業構造改革」では、戦略分野であるリフォーム事業で昨年度実施した子会社との統合効果の拡大を図るべく取り組んでおります。
    また、昨年4月にリニューアルオープンしたホームセンター千葉店の課題分析を行い、今後の店舗運営策の再構築を進めております。同様に昨年3月に出店した新規業態店舗(プロショップ、ペット専門店)についても、次なる展開に取り組んでおります。
  2. 「マーチャンダイジング構造改革」では、取引形態・ルートや個別商品の見直しといったMDプロセス改革を継続的に実施し、お客様起点の商品力の強化を推進しております。
  3. 「組織構造改革」では、営業力強化のため、商品本部を新設し、営業本部、商品本部、開発本部、管理本部の4本部制としました。これらの組織機能・責任範囲の明確化により、進行中の構造改革のスピードアップと予算執行管理力の強化を図っております。
  4. 「経費構造改革」ではグループ全体の最適化を図るため、店舗管理業務の簡素化、効率化、集中化を推進し、一部子会社の管理部門を本社に統合・集約しました。

このような状況のもと、当第2四半期連結累計期間の売上高は、748億92百万円(前年同四半期比0.3%増)となりました。また、営業利益は、41億90百万円(同比0.7%増)、経常利益は48億63百万円(同比9.1%増)となりました。しかしながら、親会社株主に帰属する四半期純利益は、特別損失として、ホームセンター千葉店に関連する減損損失24億72百万円を計上したことから、15億4百万円(同比46.0%減)となりました。

また、2019年2月1日付で、下記の通り修正通期業績予想を公表しております。第2四半期累計期間および近況の業績の推移を勘案し、また、下期の経費計画を見直した結果、前回予想を修正することといたしました。全社一丸となり修正予想を達成すべく取り組んでまいります。

2019年6月期通期連結業績予想の修正(2019年2月1日付公表)

(2018年6月21日~2019年6月20日)

  売上高 営業利益 経常利益

親会社株主に帰属する当期純利益

1株当たり当期純利益
前回発表予想(A)

百万円

152,200

百万円

8,390

百万円

9,320

百万円

5,800

円 銭

83.78

今回修正予想(B)

149,560

8,300

9,460

4,360

62.98

増減額(B-A)

△2,640

△90

140

△1,440

-

増減率(%)

△1.7

△1.1

1.5

△24.8

-

(ご参考)前期実績
(2018年6月期)

148,676

7,981

8,800

5,594

76.85